給食室から

 

 新年あけまして
おめでとうございます

子どもたちの元気なあいさつで、すがすがしく新しい年がスタートしました。新園舎での新しい生活が始まるとともに今年も子どもたちが健康で元気に過ごせるよう、安全でおいしいお食事をお届けしていきたいと思います。楽しいお正月休みを満喫したあとは、少しずついつもの生活リズムに戻していきましょうね。

1月11日は、鏡開きです。 神様にお供えした食べものには力が備わると考えられ、 かたくなった鏡餅を割って食べることで、無病息災を願います。ただし「割る」という表現は縁起が悪いので、末広がりを意味する「開く」という言葉をつかい、刃物で切ることは切腹を連想させるため木槌を使うようになったと言われています。保育園では七草と一緒に神様にお供えしたお餅を食べています。

今月より、給食の牛乳が週3回になります。(3歳以上児)
さくら組は就学に向け牛乳の量が100mℓから200mℓになります。始めはお腹がいっぱいになると思いますが、少しずつ慣れていきましょうね。
また、給食当番が始まります。箸やトングを使いお友だちのお皿に盛り付けをしていきます。相手のお皿を持って配膳する手、ボウルを傾けておかずを集める手・・・様々な手の動きがありますね。ご家庭でも、お子さんの手の動き、少し意識してみてくださいね。

 

 2月の献立がご覧いただけます

 2月の離乳食がご覧いただけます