今月のお話し

 

 

 4月新しい出会いが始まり、一ヶ月あまりが過ぎ5月の長いお休み後から再び新しい環境が始まりました。
長い間お世話になった島保育園旧園舎とお別れの時がやってきました。野菜農家であった島地区で、昔こどもさんが
亡くなるという悲しい出来事から、島青年会が島保育園を立ち上げ地域の子育ての役割を支援して、今のこの島保育
園があると思います。「地域と共に笑顔あふれる元気な子どもを育てます。」を経営理念に、将来人として責任を持ち、
心の根が丈夫に育ち、一人ひとり輝いて大きくなって欲しいと願っております。仮園舎引越しを終え、5月7日から仮園
舎での生活が始まっております。
5月7日には、何もなくなった旧園舎にこども達みんなでありがとうの気持ちを込めて、メッセージを描いてきました。その
日から少しづつ、保育園の様子が変わってきており、なんとも言えない思いでおります。保護者の方からも、後ろの方は、
もう中がいよいよ透通しになってますね。卒園児からは、思い出に保育園の中のかけらが欲しいなどのお話をいただき、
旧園舎に出向き工事現場監督さんにお願いをして壁崩しをした破片を頂いてきました。保育園を思ってくれて感謝してお
ります。
 仮園舎生活は、いろいろな面でご不便をお掛けすることが沢山あると思います。得にもこどもたちには、思うような遊び
の環境を整えてあげることが不足することが考えられますが、できる限り職員みんなで知恵を出し合いながらいろんな方
法を考えていきたいとおもいますので、皆様のお力添えを沢山宜しくお願いいたします。
新しくなる、園舎に夢をもってみんなでエイエイオー!

 

                                                          園長 川村 優子

 

5月7日(火)より仮園舎生活がスタートしました。
前の園舎に感謝を込めてみんなでメッセージを描きました。
旧園舎解体メッセージ大きな立派な木になれ!

                                

    5月の園便りをご覧いただけます

     



           〜給食から〜


    

                      食育便りがご覧いただけます

              




 令和元年5月の献立がご覧いただけます
   
   

    

    
5月8日更新
 


経営理念 「地域と共に 笑顔溢れる

   輝く子どもを育てます」
HOMEあいさつ特色沿革行事お話紹介アクセスLINK決算書